オリジナルのぼりの魅力と有用性

のぼり旗は日本に古来から存在する歴史ある旗です。こう言われても「えっ、そんなものは知らないよ」という人もいるでしょうが、それは単に名称を知らないだけです。日本で生活していてこれを一度も見たことがない人間はまずいません。飲食店の前に設置された店名や商品名を記したもの、あるいは新築の家の前に置かれた「住宅展示会開催中」の文字、これらは全てのぼり旗です。都会で生活するサラリーマンならば朝に出勤してから夜に帰宅するまでの間に、何十という数の旗を目にするはずです。
のぼりはそれだけ私たちの日常生活の中に溶け込んだアイテムであり、商品やサービスの存在をアピールしたい企業にとっては低コストで大きな宣伝効果が期待できる、マーケティングに必要不可欠なアイテムなのです。

旗を利用することに意味はあるのか

現代の企業は常にコストダウンの意識を持つことを要求されています。そのため「本当に旗は必要なのか?」と存在意義に疑問を持つ人もいるでしょう。結論から言えばこうした旗は制作にかかるコスト以上のリターンを企業に与えてくれます。たとえば味やサービスそのものは十分に満足しているが、最近何となく利用していなかった飲食店に新メニューの販売を告げる旗が立てられているのを見たら、大抵の人間は「久しぶりに入ってみるか」と考えるものです。
この時に重要なのは家でチラシを見た時と違い、旗による購買意識の向上がそのまま店内に入るという形で効果を発揮している点です。こうしたダイレクトな誘導力は他の広告媒体にはない素晴らしい魅力といえます。

オリジナルの旗を制作することの意味

広告旗には既製品とオリジナルの二種類が存在します。既製品のメリットは安さと新たにデザインする必要がないことです。逆にオリジナル旗はデザインに工夫を加えることで、店舗の存在や製品、サービスの告知を超えて自社のブランドや経営理念を消費者にアピールすることができることが大きな魅力です。
たとえば「営業中」と記された旗は、汎用性があるだけに既製品でも多くの種類が存在します。しかしオーダーメイドならばこれに県や市の花を加えることで地域密着性を、文字のフォントを変えることで親しみやすさをアピールすることが可能です。
オーダーメイドなら旗のサイズも自由に変更できるので、立地条件や目的にあわせて最適なものを選択できます。低コストで自社の存在をアピールするのにオーダーメイド旗は最適な存在といえます。